信号が青に変わる音とか、トラムが来る音とか、いつも使っていた駅とか全てが恋しくなってる。

友達と行った場所、話した内容、したこともはじからはじまで覚えているし、ひと時も忘れたくないから、ずっと記憶に残るように与えられた時間を自分で必死に刻んでた。

冒険しまくった3週間にたくさんの思い出が詰まってて、同じことの繰り返しなんかなくて、毎日がカラフルで、自分と過ごしていた人達もカラフルで、次はどんな色を見せてくれるんだろう、見えるんだろうって毎回楽しみにしてた。

そして反対に、自分が持っている色を存分に発揮できて、自分らしくいれると感じた場所。ひょんなところからはじまる新しい繋りに感謝してるし、みんなフレンドリーで、干渉しすぎず、自分自身を大切に持って過ごせる人があふれている場所でもある。ここで暮らすってどんなんだろ、と想像を膨らます深夜。3週間は旅行するには長いかもしれないけど、私には足りなすぎた。

 

メルボルンで新しくできた友達の紹介。

ショップ店員さんのJESSIEは、どのカバンを買おうか迷ってた時に話しかけてくれた。どこから来たの?と言われてJAPANと言ったら反応は「THATS COOL!I LOVE JAPAN!」

なんと彼女以前結構長期的に日本に滞在したことがあったらしい。で、日本の文化が大好きだとか。知ってる日本語は「食べ物の感想用語」だけなの。美味しい!しか言えないって笑ってた可愛い人!

彼女もフィルムカメラを趣味で撮ってて、自分も撮ってるから話が弾んだ。

で、「今度ランチでもしようよ!」って誘ってくれて後日タイ料理屋さんへ!美味しい美味しいって食べてるJESSIEほんまに可愛らしい笑 日本のお庭が好きだそうで。お庭っていうか、なんだろ、玄関前に植物とかおくじゃん?それ。それをカメラに収めた彼女の展示会をメルボルンで開いたことがあるらしい。おお、なかなか面白いところ見てるんだなぁ。これってうちがメルボルンにある家をみて「可愛い….」と思っているやつのJESSIEバージョンね!って。

(メルボルンのお家、めっちゃ可愛くない??)

彼女とちょっと深い話もしたり。。。政治とか国際問題とか、話してる内容がちょっと大人になってるなぁって嬉しみ。高校の時に話してた内容は「まじハリー大好き」「1D最高」みたいなんだったけど、おお、自分成長したなって思った。そしてお互いカメラで撮りあって、好きな曲をガンガンで鳴らして車で家までで送ってくれた。

とにかく、JESSIEに限らず、オーストラリアで出会った人に「I AM  FROM JAPAN」と言うと、必ずと言って良いほど「君まじかっけー」「行きてぇー」って返ってくる。

「ほんまにぃ〜?来てぇ〜?」ってこちら日本人が自国に酔ってしまう笑 日本って外国の人から見たらどんなんなんだろう。プラス、日本人ってどんなイメージもたれてるんだろ。

 

そうだよね、日本まじかっこいいよね。あんなに「日本文化」っていうはっきりとした文化があるもんな。

 

帰国後、確かに日本人が作る植木?ガーデニング?(とりあえず民家が植物を家の周りに置くこと)めっちゃ可愛いなって思ってきた。なんか家の形に沿って植物をポンポンって置いていくの、すっごい可愛い。

 

可愛い。。。

そして私も室内ガーデニングを始めた。

 

とにかく、メルボルンも好きになって、日本も好きになったってこと!!(まとめ方下手)

2018-04-26

コメントを残す