Open in Spotify

是非是非プレイしながら読んで↑

こんばんは!さぁ今週も始まりましたーー頑張って行こう!

 

今日は、現代の若者はみんな知ってる”フォトジェニック”について書こうと思って。

フォトジェニックって言葉、みんなの写真に価値がでてきてからできた言葉だよね。可愛い写真をとれば「いいね」がついて、その「いいね」が多い分だけ、価値が生まれる。

 

 

私も「いいね」をもらったら嬉しいし、テンション上がる。だって「いいね」だよ!?自分がとった何気ない写真に他の人が「いいじゃん!」って言ってくれてる。あ、自分いい写真とってるんだなってちょっと自分に酔うw

 

最近では、その「いいね」が欲しい人向けに作った商売もあって、例えば「MUSEUM OF ICE CREAM」は、すごい人気だよね。最強にkawaii空間。みんな可愛い写真を取るためにお金を払って入場。これはすごい戦略だと思うし、結構儲かってる。価値の対象も変わってきたなあと思う。

 

“Logic will get you from A to B. Imagination will take you everywhere.” Museum of Ice Cream started with a girl, a dream and a team of believers who joined her on the journey ✨🍦When you believe in the power of your imagination, you can TRANSFORM your greatest wish into reality 🌈🙌#transformationtuesday #museumoficecream

MUSEUM OF ICE CREAMさん(@museumoficecream)がシェアした投稿 –

夢のような世界!行ってみたいなああああ!

 

でもここで言いたいのは、お金が関わってない空間での話。

 

フォトジェニックが王道化してきた今、フォトジェニックをちょっと間違ったものに向けてしまっているような…と思うことがある。

 

最近、小さな展示会( 入場無料)に行ってきたんだけど、ある女の子たちが、展示場の中で「え!?めっちゃ可愛いいい!インスタ映えだわぁ!」と言いながら写真をバシャバシャ。

 

もちろん私も、インスタで見つけて、可愛いって思ったからその方のアカウントをフォローしていたし、「可愛い」から始まったことには越したことないんだけど、クリエイターとかアーティストって、アートにメッセージを込めてつくっているよね。

 

だから私は、アートから作者のメッセージとか想いとかを感じたり見つけたりするのが好きで、よく展示会に行ったりする。

 

今回行った展示会は、小さな会場にその方が作ったコラージュやイラストが綺麗に配置されていて、作品一つ一つが丁寧で細かくて、言葉では表現するのが難しいけど、作品にこんな想いが込められているんだろうなって想像を膨らましたり、あぁこの色とこの色の配色意外な組み合わせだけど素敵だなぁって思ったり。

 

そんな素敵な作品たちが並んでいる空間は、確かにフォトジェニックかもしれないけど…

 

その子たちは可愛い可愛いだけ言って写真をバシャバシャ撮って終わり。そそくさと帰って行ってしまった。

 

私も記念に、個人的に好きだった作品を写真に残したんだけど、

 

私が言いたいのは、クリエイティブなものに対する態度。

 

よく見つめて見たらもっと素敵な作品に見えるのにもったいなぁって思ったのと、展示会っていうアートの共有の空間を”フォトジェニック” ”インスタ映え”という言葉だけでしか言えないことにちょっと悲しかった。

 

もちろん私もインスタグラムを使っているし、可愛い画像やみんなからいいねをもらえる画像を撮りたいって思う。

 

でも、クリエイティブなもの(例えば絵やコラージュのようなメッセージを持ってるもの)に対して、その中身を重視せずに表面だけをみて、”フォトジェニック”という言葉一つでひっくるめてはいけないと思う。

 

まぁ、これは個人的な意見だし、ちょっと心の中で怒ったからwでも、残しておきたいと思った!

 

以上です!

 

 

2017-12-11

コメント

私も賛成です!最近の日本の展覧会では、わざわざ写真に撮れるようにフォトブースを用意していたり。なんだか違うなぁって思いながらいつも横目で見ています。こう感じているのが私だけじゃなくて嬉しいです😂

コメントを残す